【ボウリング】力みを取るために重いボールを使ってみよう

スポンサーリンク
ボウリング

ボウリングをたのしんでますか。以前のエントリで、軽いボールを使ってみましょう。という話をしました。ただそれによって力みが生じてしまったらよくありません。力みはスポーツの敵です。今回は力みを減らすために重いボールをつかってみましょうという提案です。

以前のエントリで、軽いボールを使ってみましょう。という話をしました。

【ボウリング】一番手前のピンに当てるために、より軽いボールを使ってみよう

軽いボールを使う利点。

軽いボールを使うことで、ボールに振り回されずに自らがボールをコントロール下に置くことが出来る。

そうすることで、ボールの制御がしやすくなるのです。

ただ、この軽いボールを使うことには、弊害もあります。

制御しやすい軽いボールであるがゆえに、力んでしまうのです。

リラックスして投げているうちは良いのですが、力んで、力づくでボールをコントロールしようとすると、とたんにバランスを崩してしまいます。

では力みをなくすためにどうするか。

重いボールで投げてみる

今度は真逆ですが、重いボールで投げてみましょう

ご自身がいつも使うボールより2ポンド位重いボールが良いと思います。

握力がなくて、持てないよ、という方は、持てる限りのボールで大丈夫です。

ボールをグリップしてダラーンとさせて、スイングができなさそうなら、そのボールはやめてください。

スイング中に落としてしまうのは絶対に避けたいですからね。

とても危険ですから。

軽いボールを使ったり、重いボールを使ったりと、ハウスボールだからかんたんに出来ることですけれど、マイボールをお持ちの方がハウスボールを使ってはいけないということはありません。

マイボールをお持ちの方も、調整と思ってハウスボールを借りて投げてみてください。

投げるボールを決めたら、ゆったり投げることをイメージしてみましょう。

それから投げましょう。

スパットをみながら、いつもよりゆっくり目にステップを踏んで、投げてみてください。

重い分、腕のコントロール、制御などの微調整はしにくいです。

ボールが重力に従ってスイングされていくのです。それこそ振り子のように。

コレが良いのです。

微調整ができない分、身体の動きに任せるしかありません。

テイクバックからダウンスイングは振り子を意識して、余計な力は入れない。

前にボールが来たなと思ったらボールを離す。

もし余裕があれば、そのときに手は少し握手をするように出してあげる。

握手をするように出せば、うまく行けば、親指がボールから離れたあと、中指薬指が離れますので、ボールが曲がってくれるでしょう。(ナチュラルフック

腕を回し込む癖がついている方も重いボールで投げるのはおすすめです。

うまく投げられたときは自分の感覚でわかります。そうしたら、そのタイミングとか力の抜け具合などを記憶にとどめたまま、ご自身のいつも使っているボールの重さに戻してあげて、その良いイメージのまま投げてみるのです。

今回は、力みを取るための方法をお伝えしました。

力んでいるな、と思ったら、重いボールを使って投げてみることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました